薬剤師の悩み

中途採用での悩み

薬剤師の求人について、新卒以外でも中途採用の募集があることがよくあります。この際に気を付けたいのが薬剤師に限ったことではありませんが、人間関係になります。 今までの職場での経験などにとらわれてしまうと、中途採用先での人間関係でトラブルになるケースは当然多くなります。 中途採用ということをしっかりと認識して、腰を低くして相手と接するのも重要なポイントになると考えられます。 なお、中途で転職をお考えの方は、藤原ナオヤさんのサイトにある転職体験談集が非常に役に立ちます。参考にされるといいですよ。 ⇒ 「薬剤師の求人・失敗しない就職転職のコツ

薬剤師の求人は東京都心などでは徐々に人材不足が解消されつつあるとされますが、地方では非常に薬剤師の成り手がないということで求人を出しても応募すらしてもらえないということもあって、 非常に深刻化しつつあります。ましてや少子高齢化の影響で高齢者ばかりになり、その高齢者は医療機関などを積極的に受診することになるので、 当然ながら最寄りの調剤薬局に処方箋を持って行くということになります。つまり調剤薬局において処方しないといけない薬は減らないということになります。

調剤薬局自体も実は地方では増加傾向にあります。病院等の医療機関内の薬局だけでなく、医療機関と併設してあるいわゆる門前薬局を始め、 株式会社などが調剤薬局だけでなくドラッグストアなども経営しているケースがあります。このドラッグストアでも売り上げ増加を狙ってそのドラッグストア内に調剤薬局部門を立ち上げるケースが多くなってきています。 つまり、薬剤師の成り手は少ないのにその薬剤師を欲する職場自体は増加しているということです。そのため、薬剤師の争奪戦になっている地域もあり、 地方ではその生活の不便さも相まって薬剤師がなかなかその地方に来ないという問題も生じています。都市部などには生活の面である程度はいいかなと考えてきてみても、 やはり諸事不便だということで東京を始めとした都市に戻ってしまうケースもあります。

中途採用を受け入れる側は、好条件だけでなくその勤務面においてもコミュニケーションをしっかりととってその中途採用の薬剤師が職場にうまく溶け込めるような努力を行うことが重要です。 こうした努力がないと、先述のように地方では生活も不便でありしかも職場に慣れないなどの理由で、都心などの生活がいい場所などに戻ってしまう事があります。こうしたことにならないように、 採用される側の薬剤師もその職場にうまく溶け込むことができるように努力することはもちろんのこと、受け入れる側も努力を怠らないようにすることが大切です。