女性薬剤師の悩み

子育て中の働き方

子育て中でも薬剤師として働くことが出来るのか、ということは、薬剤師としての求人により左右されてしまうことになります。子供を育てるためには、たくさんの時間が必要となるために、 それほど時間を拘束されることの無い職場を選ぶ必要が出てくるのです。

時間の拘束の少ない職場は、子育てに対して理解のある職場です。その時に選ばれやすい職場というのが、調剤薬局です。調剤薬局では、育児を行っている母親が働いている場合が多いため、 子育てを行いながらでも働くことに対しての理解が多いのです。そのため他の環境と比べると、比較的働きやすい環境でもあります。また大手の調剤薬局であれば、保育園の近くにある店舗に移してくれる場合もあります。

ドラッグストアも子育てを行いながら働きやすい環境です。大手のドラッグストアであるのならば、福利厚生もしっかりとしているために、安心して働くことが出来ます。 また時短制度も行いやすいために、子供に対しての時間を作りやすいところも特徴です。また出産などにより、長期にブランクがある場合にも働きやすい所が特徴です。 いきなり正社員として働く自信が無いのならば、パートとしても働くことが出来ます。このように条件によって選ぶことが出来ることもドラッグストアの求人の特徴です。

子育てを行いながら、働くことが難しい、という薬剤師の求人は、病院です。病院内で働くことになると、時間を大きく拘束されてしまうことになります。また残業も多いために、 子供の為の時間を作ることが出来なくなってしまいます。これは病院が大きくなればなるほど、時間の制約を受けやすくなってしまいます。大学病院であると、学会の準備も行う必要が出てきます。 それにより、仕事に対して必要な知識だけではなく、学会の為の勉強を行わなければならないために、勤務中の時間以外にも、勉強を行う時間が必要になります。 そのため勤務中だけではなく、それ以外の時間も勉強をする為に大きな時間を使用することになるのです。このため病院で薬剤師として働く場合には、子育てを行いながらすることは難しくなってしまいます。

企業で薬剤師として働く場合には、子育てを行いながらは、その企業により大きく変わってきます。子育てに理解のある職場であるのならば、それほど苦労はすることはありません。しかし子育てに理解が無く、 また産休や育児休暇などを取らせてもらえない場合には、子育てに対しての理解が少ないために、働くことは難しくなってしまいます。