女性薬剤師の悩み

薬剤師ママの子育て事情

子育てをしながら薬剤師をつづけたいと思っている場合、求人に応じる時に様々な注意が必要となってきます。 薬局の中には育休はもちろん、産休をとることさえよい顔をしないところがあるためです。産休はもともと制度として取得できるように法律で定められています。 しかし、少人数の職場である場合、産休をとると人手が不足してしまうため、退職してほしいと勧められてしまうことが多々あるのです。
もちろん、産休を認められず退職を勧められた場合は、労働局に訴えることも出来ますが、そこまですると復帰後の人間関係が気まずくなる可能性があるためか、勧めに応じて退職する人がとても多いのが現状です。

薬剤師が店長である店や、店舗にたくさんの薬剤師がいるような店の場合は、比較的、産休や育休をとりやすいです。また、大手のチェーン店である場合は、産休をとっている間、 他の店舗から薬剤師がその間だけ応援に来てくれたり、短期間雇用としてパートを雇ったりするなどして対応しますので、産休や育休がとりやすいのです。 また、産休中は、健康保険から出産手当金が出ますし、育休している間は雇用保険から育児休業給付金が支給されます。このような事情のため、出産をした後も働きたいと思っている場合は、小さな人数の少ない職場よりも、 大手のチェーン店などでの求人に応じた方が、育休や産休が取得しやすくなりますし、復帰もしやすくなります。一度退職してしまうと、育児をしながら求職活動をするのはとても大変です。 もともと、初めから産休や育休がとりやすい職場であるのなら、とても楽です。

では、出産後も子育てしながら働ける職場であるのかどうか、どのようにして見分ければよいのでしょうか。求人に応じる時、まず育児制度があるかどうか、確認するようにします。 しかし、名目上だけの場合もありますので、実際に取得した人の数をみるようにします。取得率が高いかどうかの確認が大切なのです。しかし、大手の場合はともかく、小さな薬局などの場合は調べることが難しいです。 そのような場合、薬剤師の転職サイトなどに登録しておけば、色々な情報を見ることが出来るようになります。また、希望条件を出す時に、育児制度、育休ありなどをあげて、転職コンサルタントなどにしっかり相談するようにします。 産後も働きたいという希望を告げて相談することがとても大切なのです。このように、お母さん薬剤師の子育て事情は職場によって大きく異なってきます。